カードレスキャッシングのメリットとデメリット

カードレスキャッシングにはもちろんデメリットもある

カードレスのデメリット

いくつかのキャッシング会社からカードレスのサービスが登場してますが、
本当のとこをいうと、カードレスってメリットだけじゃないんですよね。

 

管理人ウソはつかない主義なので、
これからカードレスキャッシングを考えている人にひとつの知識として
カードレスキャッシングのメリットもデメリットもちゃんと伝えたいと思ってます。

 

では早速、カードレスキャッシングのメリットとデメリット、いってみましょう〜

 

まず、カードレスキャッシングのメリット☆

 

カードレスキャッシングのメリットといえば…

メリット

  • カードを発行しなくていいこと
  • カードを持ち歩かなくていいこと
  • 借入も返済もネットキャッシングでできること
  • 24時間ネットバンキングから振り込んでもらえること
  • 利用手数料がかからないこと

 

 

カードレスなら急いでキャッシングしたいとき、
審査完了後ネットで借入申込みすればすぐに振り込んでもらえるので
カード発行しに無人契約機にいったり、郵送物を受け取るまでの期間を待つことがありません。

 

カードを持ち歩かなくていいから、なくしたり、財布を見られてバレることもありません。


 

カードレスキャッシングのデメリット★

 

カードレスキャッシングのデメリットといえば…

デメリット

  • 気軽にコンビニのATMなどで借入・返済ができない
  • 返済は基本、口座振替(自動引き落とし)になる
  • 利用できる銀行口座が限られてしまう
  • ネットバンクの営業時間外は利用できない

 

 

カードレスキャッシングのデメリットといえば、
コンビニやATMなどでカードを使って気軽に借入・返済ができないことです。

 

カードがあると24時間コンビニから借りたり返したりできるけど、
ネットバンクを使うことで現金を手にするのに時間がかかってしまいます。

 

クレジットカード請求の引き落としのためにキャッシングするならカードレスで問題ないですが、
『現金』を借りたいならカードがあったほうが便利な場面は多いです。

 

また、返済方法が自動的に口座振替になるのもデメリットです。

 

口座振替になると対応している銀行口座が限られたり、
そもそもネットバンクに対応していない銀行は使えないので、申込み時に銀行口座を指定されます。

 

指定された銀行口座を持っていないorキャッシングに使いたくないなら
カードレスキャッシングは使えないものだと思ってください。


 

ネットバンクを日頃から使ってるならカードレス、現金が欲しいならカードあり

 

日頃からネットバンクを利用している人はカードレスでもデメリットを感じず利用できると思います。

現金がいい

 

でも、キャッシングの目的が現金を借りたいということであれば
カードがあったほうがなにかと役立つ場面が多いです。

 

ちなみにカードをATMで使っても操作は普通預金からお金を下す仕草と変わらないので
友だちと一緒にいる時でもバレません。

 

キャッシングのメリットとデメリットを分かった上で、日頃の使い方とキャッシングの目的に近いほうを選びましょう。

 

トップページに戻る